HOME > 子供のページ > まるわかりトラックミニ百科〜物流ってなに?〜

物流ってなに?

 

 

 

トラック豆知識

◆トラックの歴史

日本でトラックが誕生したのは、今から110年以上も前の1902年(明治35年)。東京の西洋食料品店「 亀屋 ( かめや ) 」が、フランスから輸入したクレメントというクルマを使って、商品の 運搬 ( うんぱん ) をしたことがはじめだといわれています。当時、ほとんどの日本人がクルマを見たことがなかった時代でしたが、そのころからトラックは活やくしていたんですね。


 

 

 

貨物輸送(かもつゆそう)の主役”トラック輸送”


物流という言葉は、物が流れると書くよね。物流をかんたんにいうと、モノを作る生産者から消費者までの移動のことを意味するんだ。 もう少しくわしくいうと、物流は 包装(ほうそう)から輸送、保管、荷役(にやく)などの活動すべてを含んだ言葉なんだよ。農家の人が作ったお米や野菜、工場で作られた自動車やテレビ、 学校で使っている文具も、みんなのところにくるまでには、物流という仕組みをかならず通るものなんだ。
平成24年度にトラックや船、鉄道、航空機などにより国内で運ばれた貨物の量は、約48 (おく)トンにもなるんだ。このうちの91%は、トラックが運んでいるんだよ。つまり、日本の貨物のほとんどはトラックが運んでいることになるんだね。



日本の物流を支えているトラック


トラックが運ぶのを得意としている貨物は、なんといっても野菜や果物、肉や魚といった生鮮食品なんだ。船だと時間がかかるし、鉄道は近くに路線や駅がないと直接届けられないからね。全国の産地からとれたての野菜や果物を早く時間通りに運ぶには、トラックが 最適(さいてき) だといえるんだね。ほかにも本や洋服なども、ほとんどトラックで運んでいるんだよ。
また、物流事業全体の売り上げはおよそ21 兆円(ちょうえん)にものぼり、その中でトラック運送事業は12兆円にもなるんだ。トラックが貨物輸送でいかに大きな役割を果たしているか、この数字からも知ることができるよね。

 

前へ / 次へ

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図