HOME > 子供のページ > まるわかりトラックミニ百科〜荷物はどうやって運ばれてくるの?〜

荷物はどうやって運ばれてくるの?

 

 

 

 

トラック豆知識

◆鉄道からトラックへ
道さえあればいつでもどこでも荷物を運ぶことができるトラックは、その便利さから、物流の主役となりました。
かつて物流の中心だった鉄道からだんだんトラックへ分担が移っています。

 


 

 

 

野菜が家庭に届くまで


たとえば農家で収穫(しゅうかく)されたやさいはまず農業協同組合(のうぎょうきょうどうくみあい)に集められ、おろし売り市場に運ばれるんだ。そこで野菜の価格が決められ、購入(こうにゅう)したスーパーや小売店に運ばれて店頭(てんとう)に並ぶよ。その間の輸送を(にな)っているのがトラックなんだ。
つまり、作る人(生産者)と売る人(販売者)と買う人(消費者)の間を結んでいるんだね。輸送の中心はトラックなんだけど、工場で使う原材料や長距離を運ぶものについては、鉄道や船舶(せんぱく)と協力して荷物を運んでいるんだ。
でも、駅や港からは必ずトラックで運ばなくてはならないよね。



動物園の動物も水族館の魚もトラックが運ぶんだ


動物園のゾウやパンダも、水族館のイルカやサメも、トラックが生きたまま大切に運んで来るんだよ。動物や魚達は、遠いところから飛行機や船、鉄道で運ばれて来るよね。でも、空港や港、駅から動物園や水族館までは、トラックが運ぶんだ。
また、 競馬(けいば)で活やくするサラブレッドも、トラックが運ぶんだよ。例えば、北海道で育てられたサラブレッドは、サラブレッド専用のトラックで、関東や関西の競馬場や訓練場(くんれんじょう)に運ばれるんだ。

 

 

前へ / 次へ

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図