HOME > 会員の皆様へ > 燃料高騰対策 > 軽油価格の影響と運賃転嫁に関する調査結果(平成18年12月)

軽油価格高騰の影響(平成18年12月調査結果)

軽油価格の影響と運賃転嫁に関する調査結果

平成19年1月

[調査の概要]
 平成18年11月の軽油価格は10月に続き値下がりし、1リットルあたり97.7円(スタンド)、 91.3円(ローリー)、96.4円(カード)となった。とくにローリーでみれば対前年同月比では5.8円高、15年度平均比では27.6円高であった(全ト協調べ)。
 (社)全日本トラック協会では、軽油価格の高騰に対して、トラック運送事業者の荷主との運賃値上げ交渉の状況、運賃転嫁の実態等について調査した。
 アンケート調査結果によると、燃料費のコスト増について、荷主に対し運賃値上げの交渉を行っている事業者は67.1%、また一部でも運賃転嫁ができた事業者は38.4%で、これらの事業者における値上率は平均で3.8%であった。
 こうした運賃転嫁の交渉がうまくいった要因としては、軽油の値上がりが社会的に認知されてきたこと、何回も交渉して理解を得たからなどが挙げられる。

 ・今回の調査時期 :平成18年12月14日〜19年1月4日
 ・配布数と回収数 :全国870事業所に配布し567票を回収(回収率65.2%)

 

1.運賃値上げ交渉の状況

 軽油価格の高騰によるコスト増分について、主たる荷主に対し運賃値上げ交渉をしているかどうかについては「交渉した」が22.8%、「交渉している」が44.3%で、合わせると67.1%となり、7割近い回答者で交渉を実際に行っている状況が窺えた。一方、「交渉していない」とする回答は30.0%みられた。

図表1 交渉の状況

 

2.運賃転嫁の状況

 主たる荷主との運賃値上げ交渉において、軽油価格の高騰分のコストを荷主に転嫁できているかどうかをきいたところ、「まったく転嫁できない」は60.1%であった。一方、「ほぼ転嫁できている」は1.4%、「一部転嫁できている」は37.0%で、合わせると38.4%となり、何らかの転嫁がなされた事業者は4割弱である。

図表2 運賃転嫁の状況

 

3.運賃値上げ率

 「ほぼ転嫁」「一部転嫁」できたとする回答者に、運賃改定により1年前の同時期と比べてどの程度値上がりしたかについて聞いたところ、「3-4%未満」が最も多く21.2%であった。平均では3.8%の値上げとなっている。

図表3 運賃値上げ率

 

4.運賃転嫁(値上げ)交渉がうまくいった要因・秘訣

 運賃転嫁(値上げ)交渉がうまくいった要因・秘訣としては、「軽油値上がりが社会的に認知されてきたから」(69.7%)、「何回も交渉して、理解を得たから」(53.7%)、「荷主がトラック業界の苦境を理解してくれたから」(52.3%)などの回答比率が高い。「日頃から荷主とのコミュニケーションが円滑だったから」(31.7%)がこれに続く。

図表4 運賃転嫁(値上げ)交渉がうまくいった要因・秘訣(複数回答)

 



全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図