HOME > 会員の皆様へ > 安全対策 > 宮崎県内で発生した高病原性鳥インフルエンザ(2例目)への対応について

宮崎県内で発生した高病原性鳥インフルエンザ(2例目)への対応について

 

 

 平成26年12月28日に家畜伝染病「高病原性鳥インフルエンザ」が疑われた宮崎市の養鶏場については、PCR検査の結果、H5亜型であり、疑似患畜(2例目)であることが確認されました。
 宮崎県では、国の指針に基づき、当該農場の飼養鶏の殺処分及び通行遮断、移動制限区域の設定等必要な防疫措置を開始することとしましたのお知らせします。

 

 

宮崎県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(2例目)の確認について農林水産省

 

県内における高病原性鳥インフルエンザの発生について宮崎県
 ※最新の高病原性鳥インフルエンザ消毒ポイントに関する情報は、上記ホームページ内「消毒ポイント位置図(pdfファイル)」を参照願います。

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図