HOME > 会員の皆様へ > 事故防止対策 > 大型車等の事故防止対策について〜東日本高速道路からのお願い〜
大型車等の事故防止対策について〜東日本高速道路からのお願い〜

大型車等の事故防止対策について
〜東日本高速道路からのお願い〜

 高速道路等では、大型車や落下物によるとみられる事故が後を絶ちません。大型車や積載物落下による事故は、死傷事故や長時間の通行止めを伴う重大事故につながるおそれが高く、東日本高速鰍ナも従前より積載不適当車両の是正、落下物の迅速な排除、交通安全啓発に取り組んでおりますので、下記事項についてご協力をお願いします。

1.制限速度を守って走行ください。
  特にジャンクションやインターチェンジ等のカーブの手前では速度標識に注意して、十分に減速してください。

2.十分な車間距離をとってください。
  時速80kmでは約80mの車間距離をとる必要があります。また、雨天時には晴天時の約2倍の距離が必要です。

3.落下物・荷崩れ防止
  シートやロープで飛散防止等の措置をとり、出発前にもういちど積荷を再点検してください。落下物に伴い事故が発生した場合、落とした人の責任が問われます。

【交通安全5つのお願い!】
http://www.e-nexco.co.jp/whatsnew/info/2006/1215/

ちらし
PDFファイルはこちらNEW-WINDO



全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図