HOME > 都道府県トラック協会における様々な取り組み事例 > 交通安全に関する取り組み事例 > 交通安全に関する取り組み事例(福島県トラック協会)

 

セーフティチャレンジ事業参加による事故防止コンクール表彰(福島県トラック協会)

 

 セーフティチャレンジ事業は福島県交通対策協議会、(一社)福島県交通安全協会が主催し、三人一組でチームを結成し、期間内の無事故・無違反を目指す事業です。
福島県トラック協会では、会員事業所のドライバーを中心とした3人1組の職域グループが参加することで、ドライバーの安全運転と事故防止等の意識の高揚を図るためにも会員事業所に積極的に参加いただくよう推進しております。
  無事故・無違反を達成したチームへは主催による特別賞が抽選で当たりますが、当協会では、会員事業所で無事故・無違反を達成し、主催者による抽選から漏れたチームを対象に独自に副賞を設けております。
  また、事業所単位で特に優秀な事業所へ「事故防止コンクール事業所表彰」を実施しております。

 

 

初任運転者指導講習会(福島県トラック協会)

 

 会員事業者の安全教育の推進と、運転者の安全運転技能・意識の向上・初任運転者に対する特別教育を目的に初任運転者を対象とした「初任運転者安全教育講習会」を5回開催しました。

 

開催日時: 平成24年5月26日(土)〜 平成24年6月23日(土)
開催場所: 福島自動車学校、富久山自動車学校、湯本自動車学校
受講人数: 合計 105名
内 容 等:  自動車教習所の教官が講師となり、国土交通省告示の初任運転者に対する特別な指導に基づく座学・実技講習を実施。



 

高速道路サービスエリアでの交通安全キャンペーン(福島県トラック協会)

 

 各全国交通安全運動時にサービスエリア等において、福島県高速道路交通警察隊、東日本高速道路鞄喧k支社各管理事務所、関係機関団体等と福島県トラック協会と福島県高速道路交通安全協議会によりキャンペーンを実施しており、サービスエリアを訪れた利用者に交通安全を訴えました。
 また、平成24年6月7日にはシートベルト着用キャンペーンとして、交通安全とシートベルト着用を呼びかけるとともにJAF等の協力を得て、シートベルト、エアバックの体験が行われました。

 

 

 

事故防止講習会(福島県トラック協会)

 

 事故防止講習会は福島県内の貨物自動車運送事業者の安全意識の高揚を図り、貨物輸送の安全確保するために県内各地で実施しております。平成23年度事故防止講習会は下記の内容で開催され、797社830名が出席しました。

 

会  場
日  程
場  所
相馬会場 11月15日(火) 相馬市「相馬方部共同休憩所」
会津会場 11月18日(金) 会津若松市「会津方部共同休憩所」
いわき会場 11月21日(月) いわき市「パレスいわや」
郡山会場 11月22日(火) 郡山市「南東北卸センター」
福島会場 11月25日(金) 福島市「福島研修センター」
白河会場 11月28日(月) 白河市「サンフレッシュ白河」

 

講習内容
講演:「労働災害防止について」 講演:「道路交通事故と安全対策」 講演:「関係法令と交通事故対策」
講師:福島労働局労働基準部 講師:福島県警察本部交通部 講師:東北運輸局福島運輸支局

 

【郡山会場】

【福島会場】

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図