HOME > 一般の皆様へ > 業界の主張・取組み > 「国際海陸一貫運送コンテナの自動車運送の安全確保に関する法律案」の廃案に伴う要望書を提出
「国際海陸一貫運送コンテナの自動車運送の安全確保に関する法律案」の廃案に伴う要望書を提出

 

 

   全日本トラック協会海上コンテナ部会の藤木幸二部会長は、平成23年1月25日(火)、民主党陳情要請対応本部・企業団体対策委員会副委員長の中川治衆議院議員に対し、菅内閣総理大臣並びに大畠国土交通大臣、民主党岡田幹事長宛の「国際海陸一貫運送コンテナの自動車運送の安全確保に関する法律案」の廃案に伴う要望書を提出いたしました。
   「国際海陸一貫運送コンテナの自動車運送の安全確保に関する法律案」は昨年3月に閣議決定され、昨秋の臨時国会での成立が期待されていましたが、昨年12月の臨時国会終了により、審査未了として廃案となりました。
   これに対して全ト協海上コンテナ部会は、この法律が交通事故の防止に直結する重要な安全対策であり、国民の生命や財産を守るために必要不可欠として、本法律案の今通常国会での確実な成立を求めています。

 

 

 

 

藤木幸二全ト協海上コンテナ部会長(左)が中川治衆議院議員(民主党陳情要請対応本部・企業団体対策委員会副委員長)に要望書を提出

 



全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図